アカラス症(ニキビダニ症、毛包虫症)

アカラス症とかニキビダニ症とか毛包虫症とか
呼び方は色々ありますが、全部同じです。

 

毛穴に寄生する毛包虫(ニキビダニ)と呼ばれるダニによって
皮膚が炎症を起こす皮膚病です。

 

毛根を包む毛包に寄生していることから毛包虫とか
ニキビダニとか呼ばれています。

 

 

 

感染経路

 

母犬が毛包虫に寄生されていると生まれてきた子犬が
お乳を飲む時に密着するため、その時に寄生されます。

 

子犬の授乳時くらいの接触がないと寄生されません。

 

※人間のニキビダニとは違うので犬のニキビダニが
人間に寄生することはありません。

 

 

 

症状

 

初期の頃はかゆみもなく1円玉くらいの脱毛ができます。
きれいに毛がなくなるのでツルツルの皮膚が現れています。

 

 

発症する部分は目や口の周り、前足などが多く
皮膚に赤みや黒ずみ、フケを伴う脱毛が見られます

 

 

その後ニキビダニの繁殖が進むとニキビのような膿疱が
たくさんできてきて、やがてただれてきます。

 

 

そうなると細菌や真菌などの二次感染を起こしてしまい
痒さが増します。

 

膿んでいるところが痒いので掻きむしり悪化して
しまうことになります。

 

 

子犬の時にニキビダニに寄生されていても発症しないまま
ほとんどの犬は元気に過ごします。

 

 

ところが発育不良や栄養不足または、病気などで体の免疫力が
落ちてきたり、アトピーなどの皮膚炎を発症するとニキビダニが
異常繁殖して症状が出てきてしまいます。

 

 

または、老犬になってくると免疫力や体力が低下して
発症する場合もあります。

 

 

 

 

治療

 

子犬の時に発症した場合は、体力や免疫力が上がってくれば自然治癒します。
しかし、成犬になってからの発症は、治療しないと治りません。

 

 

ダニ駆除剤や薬浴による治療を行います。

 

痒がるからと人間の薬を適当に塗って悪化させた例があるので
薬は獣医さんに処方してもらいましょう

 

 

二次感染を起こしている場合は抗生剤を投与します。

 

動物に寄生するダニや線虫類の駆除と予防にイベルメクチンが有効です。
イベルメクチンはフィラリア薬に使われています。

 

予防

 

体力、免疫力の低下を起こさないように健康管理に注意して
おかしいなと思ったら早めに獣医さんに見てもらってください。

 

 

皮膚病は似たような症状がでるので獣医さんでも
見間違うことがあるようです。

 

 

治療を続けていて改善しないようなら違う獣医さんを
訪ねてみるのもいいかもしれません。

 

 

 

他に似たような痒がる皮膚病に

 

・イヌセンコウヒゼンダニによる疥癬
・ミミヒセンダニ
・マラセチア感染症
・犬の皮膚糸状菌症(白癬、皮膚真菌症)

 

 

スポンサードリンク