鞭虫症(べんちゅうしょう)

姿が鞭のような形をしていることから鞭虫と呼ばれています。

 

 

感染している犬のフンには鞭虫の卵が含まれています。
そのフンの臭を嗅ぐときに卵が口の中に入ってしまうことから感染します。
卵は体内に入って小腸までいき孵化します。

 

幼虫は粘膜内に潜んでいますが、しばらくすると盲腸へ移動しそこで成長します。

 

成虫は4〜7cmほどの長さになります。
体を盲腸の粘膜に差し込んで血を吸い、産卵も盲腸内でします。
生まれ落ちた卵は直腸へいきフンとともに体の外にでます。

 

 

症状


鞭虫の数が少ない場合にはこれといった症状は現れません

 

鞭虫は盲腸内で吸血するので、数が多くなってくると犬は貧血を起こし、
栄養分が足りなくなるため毛艶が悪くなってきます。

 

他には、下痢をしたり便に血の混じった粘液がつくことがあります。
鞭虫の他にも寄生虫がいる場合は症状が重くなることがあります。

 

下痢やお腹が痛そうだったり食欲がなくなってくるなどの症状がでたら
検便をして調べてもらいましょう

 

 

治療

駆除薬の投与

 

 

予防

散歩の時にフンの臭を嗅がせない
また、ペットの寝ている場所はいつも清潔にして敷物等も日光消毒をしましょう

 

 

プラジックス犬用20錠

 

ブランド: シプラ
有効成分:  プラジカンテル50mg、
        ピランテル140mg、
        オキサンテル545mg

 

通常価格\5,390: \2,798
ブラジタルプラス
腸内寄生虫駆除にブラジタルプラス、使いやすい1箱20錠!
犬回虫,犬鉤虫,犬鞭虫,瓜実条虫駆除に!

 

スポンサードリンク