イヌセンコウヒゼンダニ

イヌセンコウヒゼンダニが原因で疥癬という皮膚病に罹ります。
人間の目では見えないくらい小さな虫です。

 

 

イヌセンコウヒゼンダニとは

 

イヌの皮膚に深いトンネルを堀り、その中で体液を吸ったり産卵したりします。
一回の産卵数は約20個〜50個で、卵から孵化した幼虫も脱皮をしながら
同じくトンネルを掘って寄生します。

 

成ダニに近づくと表面に向かってトンネルを掘ります。
卵から成ダニになる期間は7〜21日で、メスの寿命は
3〜4週間といわれています。

 

イヌの体から離れると2日以内に死んでしまうと言われてきましたが
環境によって10日異常生きていた報告もあります。

 

 

ヒゼンダニは、いろいろな動物に感染します。
犬、猫をはじめ、ウサギ・牛・馬・人間にも
特有のヒゼンダニがいます。

 

それぞれのヒゼンダニは寄生する動物が違っても
寄生されますが、長く留まることはできないようです。

 

 

疥癬(かいせん)とは
皮膚にイヌセンコウヒゼンダニが寄生しておこる皮膚病です。
皮膚にフケがでて、激しいかゆみをともなう皮膚炎をおこします。
このヒゼンダニは、人間にも感染します。

 

 

感染経路

 

野生のタヌキや野良猫から感染するケースが増えています。
近所にタヌキが出没している場合は、接触させないように!
また、野良猫にも接触させないようにしましょう。

 

接触した動物間で感染します。
その感染した動物から人間にも感染します。

 

 

症状

 

初期には毛の少ない耳の縁、かかと、肘、足の甲などの
皮膚が、かたく固まってフケや激しいかゆみをともなう発疹がでます。
慢性化すると皮膚が厚くなったり病変が全身に拡がったりします。

 

 

治療方法

 

注射と経口投与
薬用シャンプーと薬浴療法
卵から成ダニまで駆除するには長い期間かかります。

 

ダニによって引き起こされる皮膚病、疥癬にペルメトリンクリーム

 

他に似たような痒がる皮膚病に

 

・ミミヒゼンダニ感染
・マラセチア感染症
・犬の皮膚糸状菌症(白癬、皮膚真菌症)
・アラカス(ニキビダニ)などがあります。

スポンサードリンク